甑倒し

3月3日は 飯山の田中屋酒造店様の甑倒し

造りの流れの中で 酒米を蒸す、甑を片付けて ひと段落着いた
お祝いですね、この日が来ると大きな仕事は蔵の中ではへり
モロミの子守が ゆっくりと続き蔵人は一安心。

村田屋さんからかわって もう数年がたち 今年も
かめの湯さんで 宴会の席が設けられています。
いつもどおりノーブル飯山に宿を取り歩いて会場へ

乾杯は 今年の搾りたて 「水尾 金紋錦 純米吟醸無濾過生原酒 紅 」
香りも出て 柔らかでコクがしっかりと出ています。
今年は 良い出来です。
お客様の 評判も上々
やっぱり 気難しい金紋錦を使うのは 大変だそうですが、昨年より
仕込みを増やして 大吟醸・純米吟醸・純米と何本も立てたそうです。

それでも 「今年の暮れは切らすかも、」お蔵様としては 嬉しい心配を
なさっていました。
小さな蔵で お酒が売れると簡単に増やせないから販売は大変でしょう。

続いて「水尾 辛口」普通酒です。
これが 飲み飽きない、味わいがありながらスイスイ進む





飲みすぎました・・・・。
もちろん それでもいきます。
二次会 三次会 


今日は ホテルを出て蔵に寄ってきました。
この一年くらいで 又 悲鳴を上げるほど設備投資をした、
物ですから しっかり写真にとって来ました。

まず初めは 昔は 貯酒庫だった蔵を 断熱材で囲んでそのまま
冷蔵貯蔵庫にしてしまった。低温冷蔵庫

画像



見てお通り 瓶貯蔵とタンク貯蔵の2本立て
瓶貯蔵に切り替えれば もっと品質が上がるのでは と思っても
昔から タンク貯蔵の品質も酒質にあっているそうで、瓶にすれば
良いだけではないようです。
もちろん経済的にも タンクの方がスペースが有効に使えますから
より多くのお酒を 冷蔵貯蔵できるわけでもあります。

画像



そして この冬導入した 密閉タンクの窒素ガス装置
お酒を貯蔵しておく間に タンク上部の空気で酸化?熟成が
進みにくいように タンク内の空気を抜きながら窒素ガスを充填しておきます。
ただ見ると 繋げただけのようですが そこにはいろいろノウハウがあります。


画像


新たに改良した 左から 瓶詰機・打栓機・ラベラー
製品を出荷前に 火入れ・瓶詰を行うラインは 結構重要です。
お酒の温度が上がった状態で作業が進みますから これらの機械が
スムーズに動かないと品質の劣化につながります。


最後に 大吟醸のタンクの写真です。
今年は生粋のアルプス酵母で立てていて、モロミを見せて頂きましたが
香り 味わい共にgood!
是非 今年も搾りの日には うかがいたいものです。

画像




忙しいんですよ、 モロミを酒袋に入れたり、瓶を洗ったり
あらばしりのお酒で 瓶を共洗い、そして何時間も一本ずつ
お酒を搾ってゆくのですから。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック