Obuse Wine Sogga pere et fils スパークリング「R」2013

画像


画像


スパークリングワイン 「R」 辛口
2013年ロットは例年よりガス圧がやや弱めです。
伝統的なシャンパン製法 (瓶内二次発酵にて炭酸ガスを作る製法)で作り上げたスパークリングワインです。
手作業のルミアージュ(昨今、小布施ワイナリーですら機械化が進む)は時間をかけ一年を通しての作業であり
、かつデゴルジュマン(にごり取り)は「雨模様でワイン畑の作業が出来ない日」に行うため年間の生産量はごく僅か。無論コルク打栓、ワイヤ-掛け、シャンパンシール掛けはすべて手動のアナログ製法。
さらに収穫量を制限した垣根仕立ての高価格ワイン葡萄達と言うスペック。けどワイン価格は国内欧州系葡萄の瓶内二次発酵にしては超コスパになるよう気合いのみで製造しています。
追記 さらなるコストと年月をかけて極々少量、偏愛的趣味的に造られたスパークリング「H」「I」「K]は小布施ワイナリーの中でもちょっと割高です。興味が有ればそちらも是非。

「R]の意味はスパークリングワイン実験作業時の通し記号です。Bから続いてきて「R」に至るこの名は実験失敗、改良の積み重ねの歴史を示しています。

品種 Domaine Cacteau 産 シャルドネ&ソーヴィニョンブラン
    Domaine Sogga 産  ケルナー&バッカス



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック