ジオヒルズ ワイナリー ダン・イゥ・ピノ・ノワール

2002年から信州・小諸にある御牧ケ原で始まったワイン用葡萄栽培
2002年シャルドネ 888本
2008年からはメルロー、2009年からはピノ・ノワールを定植し、2017年は新たにソーヴィニヨン・ブランを定植予定。
その間2015年には、小諸市は国から「ワイン特区」を取得
2018年自社ワイナリーを設立。

ジオヒルズワイナリーの代表である実父、富岡正樹は、島崎藤村ゆかりの宿である中棚荘の5代目荘主でもあります。
藤村が「千曲川のスケッチ」に記した一文「もっと自分を新鮮に、そして簡素にすることはないか」。
田舎に帰ったような懐かしさを感じつつ、来るたびに少しずつ新しいものが増え、新鮮に感じて頂けるような旅館に。この思いが旅館だけに留まらず、ワインへの情熱、ブドウ栽培、そして新たな自社ワイナリー設立へと駆り立てました。
そんな父の想いや背中を見て育った長男・長女夫婦がこれから中棚荘を切り盛りし、自社ワイナリーの醸造を三男の隼人が担っていきます。父の背を見て育った子どもたちが大人になり、小諸へと帰郷し今度は自分たちの子どもにその想いを伝えていく。
何代にも渡ってこの御牧ケ原の大地でブドウのようにしっかりと根を張って、力強く生きていくこと。
そんな思いが詰まったジオヒルズワイナリーの物語は、まだ始まったばかりです。

Đáng yêu Pinot Noir(ダン・イゥ・ピノ・ノワール)
自社畑のピノ・ノワールを使用。Đang yêuはベトナム語で「可憐な」という意味を持ちます。
カシスや明るいベリー系の香りに香水のような花の香りのニュアンスが感じられます。
味わいはピノ・ノワール由来の赤い果実のほかにハーブのニュアンスで、心地よい余韻を与えてくれます。
「少女が初めて自分で化粧をした」イメージ。樽熟成6ヶ月。瓶内熟成8ヶ月。ライトボディ。
(HPより引用)


ジオヒルズ オンラインショップ
https://giohills.shop-pro.jp/
※会員様のみの販売。
※ご購入はお1人様1本までとなっております。
2ACF6A88-8EDA-43EB-AB49-DCCB8130BE2C.jpeg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント