割烹 おぐらで 一杯

昨晩からの 発送品作りも一段落 仕事もまだまだ 残っていますが、
今日の夜は、町内随一の魚が食べられるお店 「割烹 おぐら」さんで
気の合う仲間と 一杯会

時間を過ぎてお店に到着、部屋に案内されると 鍋とかにが
生のカニの鍋です。

正直、茹でた蟹を食べておいしいと思ったことがない私
(おいしいのを 食べたことがないのですね)
殻から身を外すのはめんどくさいし、なんで皆 蟹をありがたがるのか
判らなかったのですが、今日は違いました。

奥さんに教わりながら、まずは出し汁の中に 蟹のみそ・甲羅を投入
これでカニの旨みを 鍋に移して 足に取り掛かります。
旨いです。
蟹ってこんなに美味しいんだ~。
(いつか家族で食べよう)

野菜を 投入 最後は 米と蕎麦が入っての雑炊
最初から 最後まで美味しいです。
馬鹿な話からHな話 町内の動向に教育問題
話も面白いし 楽しいひと時でした。

遅れた分の仕事は 明日頑張らなければ・・・。

画像


大分県 麦焼酎 「麻生富士子」
ラベルが ちょっと変わっていて目立ちます。
小さなお蔵様で、家族でがんばって作っています。
静岡では あの麦焼酎「中々」の次に売れる焼酎と言われています。
蔵の奥様 麻生富士子様 美人です。

麦の風味と優しく飲める持ち味が気に入ってるのですが、
「いいちこより 飲みやすいいい焼酎だね」
ありがとうございます。

寒いなか 夜空の星を眺めながら 4人で帰りました。
まだまだ 飲みに行くのに 長靴にならない冬でございます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック